イメージ画像
Series M2の『9インチ J字型アーム』バージョン
Series M2-9R
標準価格 ¥390,000(税抜)

SERIES M2に、『9インチ J字型アーム』バージョンが登場。

1959年に誕生し世界中のオーディオファイルに衝撃を与えたSME伝説の銘トーンアーム3012。その設計思想を受け継いだSERIES M2に、いよいよ『9インチ J字型アーム』バージョンが加わります。往年の美しいフォルムが今、蘇ります。

特長

  • アルミ合金の約3倍もの強度を持つ高強度ステンレス・パイプアームを採用。さらに内部に防振処理を施すことにより、共振の発生を徹底的に排除。
  • 3000シリーズの機能美を受け継いだ高品位サテンクローム仕上げによる美しいデザイン。
  • 垂直軸受けにはSeries Ⅴ~Series 300トーンアームで定評のある高精度ベアリング方式を採用。外部振動に影響されずスムーズな動きを維持します。
  • 高さ調整の容易なダイヤル式エレベーション機構を採用。
  • SME純正ヘッドシェル『S2-R』を付属。その他、市販のユニバーサル・シェルに対応します。
  • 高比重タングステン-アロイ・バランスウエイトの採用により、慣性モーメントの変化を最小限に抑えながら幅広いカートリッジ自重に対応します。
    (S2-Rシェル使用時38g/ヘッドシェル自重を含め46gまでのカートリッジに対応)
  • パイプ内配線にLC-OFCリード採用。
  • ゴールドメッキ端子、1.2mバランス型フォノケーブル付属。
  • オプションのフルイドダンパー(FDM2)の装着によって、さらに効果的に共振を抑制し、クリアーでダイナミックな低域再生が可能となります。
  • 9インチアームの採用により、国内外の多くのターンテーブルへの搭載が可能になりました。伝統のスライドベースや各部のアライメントなどの基本設計の共通化により、3009シリーズ、3009Rシリーズはもちろん、Series V/IV、Series 300など総てのSME製9インチ・トーンアームとの互換性を果たします。

仕様

形式 スタティック型
実効長(A) 233.20mm
スライドベース中心からターンテーブル中心まで(B) 215.40mm
カートリッジ取付幅(C) 12.70mm
オフセットアングル(D) 23.63°
リニアオフセット(E) 93.47mm
オーバーハング(F) 17.80mm
取付面からアーム最高部までの高さ範囲(G) 最高87.00mm
最低63.00mm
取付面からヘッドシェル下面までの高さ範囲(H) 最高67.40mm
最低43.40mm
取付面から下方に必要な深さ(J) 46.00mm
バランスウエイト調整に必要な後方間隔(K) 79.00mm
許容カートリッジ自重範囲 付属シェル使用時:38gまで シェル込み重量:46gまで
最大付加針圧 5g

※仕様および外観は、改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。